ワーママのミカタ

ワーママの見方と味方。

日本しねとは思いませんが、日本なんで?とは思う。

わかっていたことですが、
年度途中から保育園には入れません。

現在、保育園待機中。


都内在住なので、まあまあな激戦区に入るのでしょう。

上の子の保育園のママ達は
育休を切り上げて、兄弟枠の加点をねらって

0歳児入園が当たり前。


出産して2ヶ月で復帰するママも
何人もみてきました。

そんな中、わたしはというと
3月生まれが悲しい所以、
0歳児の入園は見送り、

1歳児に期待をかけるも、不承諾。

のほほんと育休を半年間延長し、年度途中の復帰。

わかっていたことですが、
わかっていたことですが、
年度途中、
どこも預け先がない。

できることはやったつもりです。

認証保育園に電話をかけまくり、
保育ママにも電話しまくり、
でも結果、
どこも無理。

予約を受け付けてくれるところもあるようですが、
うちの地域の認証保育園では、
予約人数が2桁を超えるとキャンセル待ちが
出るのも非現実的なため、

予約すら受け付けてくれません。


保育ママも年度途中で、枠があくのは本当に稀。
その稀なタイミングで
申し込むのも本当に千載一遇のチャンス。

問い合わせが1日遅れようものなら、

「もう決まってしまいました。」
と言う無慈悲な返答。

みんな必死ですから、しょうがないです。


でも日本しね!とは思いませんが、
日本なんで??
とは思いますね。

仕事して、子育てして、また仕事に復帰して
税金納める意志のある働く母に対して

理不尽すぎます。

保育園探しは
ゴールもみえず、あてもなく彷徨う
疑心暗鬼に陥ってしまう迷路のようなもの。


鬱々としている毎日に
気持ちも落ち込むしかない。

最後には絶対ダメと頭でわかっている
企業内保育園にも問い合わせしましたからね!
もちろん断られましたが。


理性より感情で動いていた保育園さがしです。

ねえ、日本なんで?
なんで?
なんで?


子育てして復帰して働くのに
スタート地点に立つまでに
どうしてこんなに苦労するんだろう。
泣けてくる。