ワーママのミカタ

ワーママの見方と味方。

賃貸派のワケ。

賃貸住まいです。

たぶん、しばらくずっと。

家を購入するとしたらそれはキャッシュ

ということはオットとわたしの中の共通事項です。

もともとわたしも持ち家がほしいと思っていました。

よくいう家賃はドブに捨てるようなものという言葉にまんまと惑わされていました。

オットは一貫して、持ち家はNOという考え方。

オットの考えに洗脳?され、わたしは今は断然賃貸派です。

一言でいうと持ち家のリスクがおおきすぎるからです。

それで、結婚してずっと賃貸住まいです。

もともと通勤も便利な23区内の中層マンションに住んでいました。

それなりに便利でしたが、
こどもがうまれ、手狭になったこと、
こどもの自然環境、教育環境を考え、
都心からすこしはなれ、近くに広い公園もあって、大学などの教育機関もたくさんあって、
それでいて通勤も比較的便利な場所の賃貸マンションに引っ越しました。

賃貸マンションの欠点。

それは生活音などの騒音トラブル。

こちらが騒音トラブルの被害者になる可能性も加害者になる可能性もある環境。

こどもに日々、足音やあそぶ音を
注意しないといけない
わたしのストレスや
せっかく楽しく遊んでいる最中に
小言をいわれてあそびが
中断されてしまうこどものストレス

双方のストレス解消のためにだした結論。

それは戸建ての賃貸に引っ越すこと。


そう考えて気長にさがしはじめた戸建て賃貸。

それまでいろんな不動産やさんで情報収集していました。

だいたい戸建て賃貸は築ウン十年の昭和な戸建てがよく出ています。

築浅物件は、「定期借家」という条件がつくことが多いです。

これは、家を購入したけれど、転勤などで引っ越さなければいけなくなったオーナーが期間限定で貸し出すもので、だいたい3年から5年が多いです。

わたしの中で、数年後にまた家さがしをするのは避けたかったので
この「定期借家」の条件がないところ、
できれば、築浅、学校環境も希望のところでさがしたのですが
こんな好条件はありません。

住んでいる賃貸マンションの契約更新もまだ遠かったことから気長にさがし続け、ある日、出会ってしまったのです。

ふらりとたちよった不動産やさんで
まだ市場にでていない不動産やさんが直接管理していたほやほやの物件を紹介してもらえたのです。

それが、いま住んでいる
大手ハウスメーカーSの新築注文住宅です。

新築の戸建て物件、それも注文住宅。

家賃も、それまで住んでいた賃貸マンションと駐車場代にプラス数千円ほど。

賃貸マンションは駐車場代が別にかかりますが
戸建てなので、敷地内に駐車スペースがあり、さらに猫の額ほどですが、
あこがれの庭もある!

学区も人気のある希望の学区。

定期借家は、ついていたけれど
10年という期間。

これなら許容範囲。
ここは目をつぶることに。
あとはやや駅から遠いというのが欠点。

でもそれを差し引いても
その日にオットにも相談して、
内覧もしてないのにすぐに仮予約をしたほどとても気に入った物件。

これはタイミングというか運というか幸運中の幸運なのですが、不動産はよく水ものっていうように、賃貸物件でも出会いとチャンスだと思います。

実はわたしゲン担ぎするタイプです。

家相とか方位とか気にしちゃうタイプです。
結婚式の日取りなども吉日にしました。

それで実は、この日、不動産やさんに立ちよろうと思ったのはワケあって。
何をしても縁起が良い日にちなのでした。

これは、こころのもちようですが、
流れのようなものって生活や人生にもあると思います。

住みはじめて3年になるわが家。
次は戸建てのメリット、デメリットについても書いてみたいと思います。