ワーママのミカタ

ワーママの見方と味方。

メルカリでは売らない、買わないことにしたワケ。

今、フリマアプリで大人気のメルカリですが、わたしもメルカリを利用していました。
過去形ですが。

メルカリが流行り始めて、わたしもどんなものかと興味をもっていたのと、お気に入りのものを捨てるのは気が引けるし、買い手がいるのなら出品してみようかなという
軽い気持ちではじめてみました。

なるほど、アプリひとつで
あまりにも簡単に出品できたり
やりとりできる気軽さ
匿名でのやりとりができるなど
さすがの仕組みです。

わたしも捨てられないけれどいらないものを出品してみました。

絵本とかこども服とか雑貨などなど。

最初、メルカリの仕組みをあまり理解していなかったため、初心者が陥りがちな失敗、

送料込みで出品したが、商品代金より送料が高くなり、
なおかつ手数料も引かれて、
結局マイナスになってしまった
という苦い経験もしましたが。

感想は、
「安ければ売れる」ですね。

基本的に、売れればいいな、くらいでもうけようなんて考えていなかったのでとってもお安く出品していました。

早いもので出品して数分とかで売れていました。

当日に売れないものは、すぐに値段を下げたので
数日以内には売れました。

最初の失敗から勉強し、手数料や送料も考えて出品できるようになったので
まあ、利益は多少なりとも出ていたわけなのですが、わたしがメルカリは損なのではないか、と思ったワケ。

それはやりとりにかかる時間、
商品を梱包したり、
郵便局やコンビニにもっていく手間と時間を換算して時給にしてみたら
恐ろしく非効率的で生産性のない行為だったから。

たとえば、売れればいいなと思って出品した絵本やこども服。

どれも500円から高くても1000円くらいで出品していました。

そこから送料と手数料を引くと
手元に残るのは何百円の世界。

そのために、
商品の説明を書くのに費やす時間。
コメントのやりとりに神経を割いて
いちいち反応しないといけないストレス。

そして売れたら、一応、他人にわたるものなので
細心の注意を払って梱包。

なんかわたしには変な親切心があるのか
すごく丁寧に梱包してました。
メルカリ便のボックスを買ったり、
プチプチがないときはわざわざ買いに行ったり。

そういう手間とお金を考えたら、
とてもお得とはいえません。

売った値段を考えると
時給50円とか100円とかの世界です。

そう考えたら、やる時間やそれに費やす神経が
もったいなくなり、やめました。

利益をもとめるなら2,000円以上の値段にしないと割にあわないなと思います。

が、もうけようと思うと、なかなか売れずに売れ残ります。

メルカリのやりとりを楽しめる方とか、時間的な余裕がある方には向いているのかもしれません。

あとメルカリのメリットといえば
ものを捨てるという行為は
お気に入りのものであればあるほど
罪悪感が伴いますが、
誰か気に入って使ってくれる人がいるという
満足感が得られるところですね。

でもわたしがやっぱり気になるのはその手数料。

10%って結構なボロ儲けですよ、メルカリ。

メルカリの利益は過去最高を更新し続けているようですが、本当にうまいビジネスモデルを作ったものです。

でも個人的には、このメルカリのシステムも
あと数年で過渡期をむかえると思いますね。

売ってもいましたが、買ってもいました。
ですが、本当にほしいものを買っていたというより
衝動買いというか、無駄遣いもおおかったし、コメントでのやりとりもかなり面倒くさい。

わたしには向かないと思って少し前に退会しました。