ワーママのミカタ

ワーママの見方と味方。

慣らし保育でポカ。

慣らし保育がはじまりました。

人生のバカンス?
最後の夏休み?


みたいな、なんていいったらいいんでしょうか、この開放感。

こどもをあずけて、堂々と仕事をやすめて

ひとり自由時間。

復帰後のことは心配の山ですが、
この慣らし保育中の開放感だけは特別。


もうやりたいことだらけ

で時間が足りない!

とはいっても週2であずけるA保育園は
週2で慣らし保育をするので

亀のごとくゆっくりな慣らし保育。

最初は午前中までその後、お昼寝後、夕方とのばしていきます。

最初の1週間は、いえに帰って、超特急で洗濯、掃除をおわらせ
カフェでまったりブログ。
これはこれで大満足。

そして、今週、ようやくあずかり時間がのびて
お迎えは3時半の予定。


時計とにらめっこで分単位に行動。おおげさ。

まず、行きたかった、家電リサーチのためヨドバシカメラ

そして、好きな街、吉祥寺で自分時間。

お気に入りの北欧ショップをまわって
通勤服をいろいろ物色して
こどもたちが大好きなはらドーナツを買って

とそうこうしてたら、もう2時をまわっている!
お迎えの時間がせまってる!

まだお昼ごはんを食べていないYO!

ひとりで自由に外食できる貴重なひとりごはんはぜったい食べたい!
ひとり外食のときは、
わたしは激辛タイ風カレーか熱々のラーメンと
決まっています。


なぜなら、激辛タイ風カレーはいえでつくっても、こどもたちが食べないし、
ラーメンは、家族でいくとこどものお世話で、自分が食べるころにはのびのびだから。

いつもいくタイ風カレーやさんは混んでいたので
一風堂のラーメン屋へ直行。

美味しく堪能していると、
長女からの携帯の着信。


あれ?なんで?
と考えながら、でてみると

「おかあさん、いまどこ?」と長女の声。

(わたしの心の声)
「美味しいラーメン食べてるんだけど・・・」
とはいえず、

「いま外出先なんだけど、どうしたの?」

長女「もう学校からかえってきたよ」
長女には、携帯と家のカギをいつも持たせています。

よくよく頭を回転させたら、
なんと、慣らし保育のおむかえ時間ばかりに気を取られてて
こどもたちが学校から帰宅する時間を
すっかり忘れてた!!!

た・い・へ・んー!!!

この日は、長男と長女は同じ下校時刻だったので
カギをもっていない長男は、
長女が帰ってきていっしょに家にはいったそうです。


ごめんよ、こどもたち。
おかあさん、開放感でゆるみきっていました。反省。

急いで、帰宅した次第です。

すごく心配して帰宅してみたら、
こどもたちは、ふたりでしっかり宿題して
明日の準備までしていて
なんかすごくできたこどもたちじゃないの
と感動しつつ、
これならふたり留守番いけるかも?
と頭の片隅で考えているわたしなのでした。