ワーママのミカタ

ワーママの見方と味方。

育休中、こうしてお金を貯めました。

育休中、なにがありがたいかって
やっぱり、ズバリ
はたらかずしてお金がもらえる
っていう甘い汁が味わえること。

それは育児休業給付金という名ですが
毎月、経済的な安定があるという
安心感。

がんばってはたらいてきてよかった
雇用保険おさめてきてよかった
と思うわけです。

さらにうちの会社は、ありがたいことに育休中、会社からの育休手当てがでます。

仕事をしているときは、通勤途中、コンビニで何か買ったり、
ごはん代や服代、美容院代、化粧品代など
なんだかんだとでていく出費もおおいわけですが、育休中はそれがおさえられます。

育休中は住民税以外の税金は免除されるので、
はたらいていたとき、がっつり税金がひかれていた手取り額と比べると
手もとに残る額がそこそこあります。

そんなわけでわが家の場合、育休中がため時だったりします。

そして、給付金を確実に貯金するためにあみだした方法。

それは、給付金が入金される別口座を用意して、
キャッシュカードをつくらないようにするという方法。

給付金を申請するときに、振込先の口座を指定できますが、この口座を生活費などのメイン口座ではなく、別につくります。

そして、すぐに出金できないように、あえてキャッシュカードをつくらないようにします。

もちろん、何か入り用になったときには、窓口での出金もできますが、一手間かかるという精神的負担が、出金する心をおさえてくれます。

こうして、わたしは育休中のすべての給付金と会社からの手当てを貯蓄にまわしています。

オットの給料のみでつつましく生活するということが前提ですが。