ワーママのミカタ

ワーママの見方と味方。

0歳児入園でさえもできない保育園ママの怒り、結局コレが入園のカギ?

来年度の保育園の入園案内が配布され、
4月入園にむけてうごきだす時期です。

わたしも4月の認可保育園入園にむけて、
ちゃくちゃくと準備中。

保育園のママ友で、

下の子を産後2ヶ月から保育ママにあずけて年度途中で復帰したママ
がいます。

もちろん4月の0歳児入園をねらって申し込み。

0歳児クラスは、定員も多く、
上の子の兄弟の加点がつき、なおかつ仕事も復帰していて、
優先順位も高く、
間違いなく、保育園に入園できる!と確信していたママ。

だれもがそう思ったでしょう。

ですがなんと受け取ったのは、
まさかの不承諾の通知!

ママの怒り心頭、怒り頂点に達したわけです。

なぜ兄弟加点もあって0歳児入園をねらったのに不承諾となったのか?

結局、入園のカギはコレだったのです。

情報収集力!

残念ながら、そのママは情報収集不足だったのです。

これは、もう不運としかいいようのない事実ですが、
提出書類の勤務証明書にかかれている
「直近」の勤務日の実績について見落としていたことが敗因でした。

というのも、そのママは、産休前はもともとフルタイム勤務でした。
なので、復帰前の点数でいったら満点のはずでした。

ですが、産後2ヶ月で復帰し、体調面もかんがえて
数ヶ月のあいだ、時短(1日4時間)で復帰したのです。

職場から勤務証明書をだしてもらうときに、
直近の6ヶ月の勤務実績が勤務証明書にのるため
時短勤務の実績がのってしまったのです。

フルタイムの産休前の勤務実績だったら、兄弟加点もつくので、
まちがいなく、0歳児入園できていた
ケースだと思います。

そのママは、産休後の勤務実績があった方が、入園にも優位だと思い込み、
がんばって復帰したのですが、
かえってそれがアダになってしまったという
ママの怒りと愚痴とため息に、なんと言葉をかけてよいのやら。


何度も市役所に直談判したそうですが、
一度決まった決定はくつがえらず。

情保育園入園は情報収集戦だと実感した次第です。

後日談
その後、ママは時短勤務からフルタイムに変更し勤務しました。
こどもは保育ママにあずけていたので
そのまま保育ママにお願いし、年度途中に運よく
認可保育園の空きがでて、無事、入園できました。