ワーママのミカタ

ワーママの見方と味方。

小学校の準備、意外に大事な家庭でのそなえ。

今日は、わたしが勝手に考える
小学校準備にむけて先取り学習より大事なんじゃないかと思う

家庭でのそなえ
についてです。

わが家では、先取り学習とかまったく興味がなく、
気づいたらひらがなも勝手に書けていたという感じで
たぶん保育園でのあそびのなかで自然とおぼえました。

もちろん聞かれれば、
しっかり教えておりましたが、
入学前に特に、これといって何かを取り組ませたことはありません。
入学後は宿題とワークは並行してやりました。

小学校にはいって、コレは家の中で自然に学べてよかったと
つくづく思うことがあるので記事にします。

それは、

時計のよみかた。


時計の勉強は小学校にはいってはじめるものですが、
時計のよみ方でつまずく子もけっこういるようです。

なぜならば、

最近の家にはアナログの時計が少ないから。

家庭にある時計はほとんどがデジタルという家庭もおおいようです。

その点、わが家は
時計はすべてアナログ。

リビングにある時計もおばあちゃんから譲り受けた昭和のSEIKOのアナログ時計。



目覚まし時計も、無印のアナログ時計。

こども部屋の時計も寝室の時計もすべてアナログです。

こども部屋の時計はIKEAのもの。

リビング学習をしていて
ほとんど使っていないこども部屋なので
とりあえず、安さとデザイン重視。


ちいさいうちから、
アナログの時計に見慣れてきているせいか
長女も長男も学校でつまずくことなく
スムーズに時計を理解することができました。

ちなみに、長女1年生のときに、
長女の友だちがうちに遊びにきて
こども部屋で遊んでいました。

「5時になったら片付けようね、時計みてね」
といったら
(そのときすでに時計は学校で学習済み)
そのお友だちはこども部屋の時計(IKEAの時計)がわからないと言いました。

確かにデザイン重視の時計だから
むずかしいのかなと思って、
無印の時計をいっしょにおいたら、
これもわからない、と言っていました。

時計のよみかたって
時間の概念というかよみとる感覚というか
やっぱりむずかしいようです。

プリントなどで短期間で学習するよりも
日々の積み重ねがむいていると思います。

4才になる次男にも
日常のなかで時計の見方を
意識しておしえてあげております。

今は○のところに針があるから○時だよ
あの長い針が12にきたら○時だよ
とくり返しています。

もちろんまだまだ難しいのですが、
なんとなく時計には13がないとか
1周まわると短い針がうごくとか
理解しているようです。

もし、ご家庭にアナログの時計がないのであれば
はやめに、なるべくこどもと親が多くの時間を過ごす


リビングの時計をアナログにする

ことをおすすめします。

できればデザイン性の高いものではなく、


見やすく、わかりやすいもの

がいいですね。