ワーママのミカタ

ワーママの見方と味方。

保育士ママの保育園が信用ならぬからという行動にあ然。

保育士ママの想定外の答え



知り合いですが、
保育園に勤務しているママ
がいます。

保育士ママはそれほど
めずらしくもありませんが、
でもその保育士ママの行動がわたしの
想定の範疇をこえる考えであ然としています。

そのママには3才と1才になるこどもがいます。

この秋に下の子が1才になるタイミングで復帰するようです。

話のながれで当然、

「保育園きまったのー?」

「そうなの」

「よかったね」

ってなると思うじゃないですか。

というか、わたしには

復帰=保育園
しか頭にないので。

そしたらなんと!

「実家の母にみてもらうことにしたんだ」
って。

「え???上の子は?」

「上の子もいっしょに。」

なんとその理由は、
待機児童でもなんでもなく
(その保育士ママは地方在住です。)

保育園が信用ならぬから。

自分が保育士の現場で
いろんなものをみてきているが故
わが子は保育園にあずけたくないのだと。


はー

耳をうたがいましたよ。


2人の育児って過酷なはず



その保育士ママのおかあさんってそれほど忙しくはないようですが、
自営業で仕事もあるようです。


3才と1才の同時育児って

いちばんしんどくてたいへんな時期ではないですか。

親である自分でさえも
3才と1才の同時育児って

過酷ですよ。

なのに、そのお世話を自分の母におしつける?

ちょっと信じられませんね。

もし仮に、仮にですよ、
保育園にあずけたくないって
そこまで思うのなら、
仕事やめて

自分でそだてたらよくない?

赤の他人が余計なことですが、
でも、この保育士ママの行動ってちょっと理解にくるしみます。

わたしが今、保育園さがしに迷走していて
ゆがんだ見方でうらやましいって思うからそう感じるの?

いやいや、そうじゃないでしょ。


もちろん、この保育士ママが
想定外なだけであって
世の中の保育士ママは、保育園にあずけて
復帰しているママはふつうにいますからね。


自分の親、そこまで酷使させちゃう?