ワーママのミカタ

ワーママの見方と味方。

お産のトラウマからの助産院という選択。

助産院をえらんだ決め手

 

ひとりめの妊娠がわかったとき、

助産院という存在は知っていても

その選択肢は100%なかった私が

3人目を授かったとき、

助産院を考えてみようと思いました。

 

それは、近くに評判の良い

助産院があったこと、

その助産院で産んだママの

知り合いが何人かいて

ママたちが口をそろえて

助産院いいよ

と太鼓判を押してくれたことでした。

 

ひとりめは、はじめての未知の経験に

とにかく不安がおおきく

里帰りという選択をし、

実家近くの産院で出産しました。

 

ひとりめが里帰りだったので

ふたりめも自然と里帰りで同じ病院で出産しました。

 

3人目ともなると

上の子のお世話や保育園の問題から

里帰り出産はもともと選択肢になく、

3人目にして助産院もいいかも?

という考えがむくむくとでてきました。

 

運良く、自宅から通える範囲に

評判のよい助産院があり、

後から知ったことですが、

その助産院は助産業界でも

有名な助産師さんがいて

遠方からもわざわざ妊婦さんがくるような

メディアでもよくとりあげられる助産院でした。

 

そして助産院への扉をあけました。

 

出産の理想がどんぴしゃり

 

実際に助産院の説明や出産体験などを聞いて

ぜったいにここで産みたい! とつよく思いました。

 

「自由に産み、育て、自由に生きる

この出発点こそがすてきなお産にあること、

人の命の尊さと神秘さ、

また命を生み出す女性の力と

動物の本能に気付かされ、

普段感じることのない、

体験することのない

お産が力強く、

身近であたたかいものであるよう

そっとよりそい、見守るお手伝いする。」

助産院の紹介より)  

 

わたしらしく産む、

産むことを感じる、

 

それが助産院という場所にあることを確信しました。

 

 

産院での出産にはトラウマだらけ

 

実は、特にふたりめの産院での出産には

トラウマがありました。  

 

1人目、2人目を出産した病院で

オットは立会い出産をしました。 

 

だから心強かったといえば

心強かったのですが、

助産院での出産を経験した今から振り返れば

すべてが病院の都合での出産でした。  

 

オットが病室から

追い出されることもしばしば。  

 

陣痛で苦しんでいるわたしに

助産師さんは

励ましのつもりでしょうが  

 

「おかあさんががんばらなくてどうするの!」  

「しっかりしなさい!」  

と常に叱咤激励でした。  

 

陣痛の感覚が狭まり、いよいよ分娩台にあがりました。

 

が、そこからなかなかうまれてこない赤ちゃん。  

 

分娩台を経験した方なら

おわかりだと思いますが、

あの股を180度に近いかたちで開脚して

陣痛に耐え続けるあの地獄の苦しみ。  

 

何分たったのか何十分たったのか

正確にはわかりません。

 

もう意識も虚ろ虚ろ

足の付け根が痛くて痛くて痛くて

陣痛のつらさよりも

足の付根の痛さがまさったとき、

産めないかもと本気で思いました。

 

もう無理と極限にいたわたしは

助産師さんに 懇願しました。  

 

「ベットにもどしてください」  

 

そうしたら 助産師さんに

鬼の形相で怒られました。 

 

もういやだ、やめてくれ、  

あのとき本気でそう思いました。    

 

その後、なんとかなんとか無事、

うまれた長男。  

 

よろこびに浸る前に

あの陣痛と開脚の苦しみから逃れられたこと、

ただそれだけにほっとした記憶があります。  

 

あれから、2人目育児の底を経験し、

わたしには3人目がほしいなんて気持ちは

当分うまれませんでした。