ワーママのミカタ

ワーママの見方と味方。

「あかちゃん」しあわせは目にみえないけれどいつもそこに存在しているのだ。

「うちには あかちゃんが いるんだよ」  
とはじまるジョン・バーニンガムの絵本です。

 

 

「あかちゃんって ごはんを めちゃくちゃに するんだよ」
 

 

f:id:wamama-mikata:20180619115346j:plain

 

「うばぐるまに のっけて 
さんぽに つれていく」  

 

f:id:wamama-mikata:20180619115402j:plain

 

 

「ときどき おふろに いれる 
てつだいも する」

 

 

f:id:wamama-mikata:20180619115419j:plain

 

「ぼくは あかちゃんが 
すきなときも あるし」

 

 

f:id:wamama-mikata:20180619115443j:plain

 

 

 

「きらいなときも ある」

 

 

 

 

f:id:wamama-mikata:20180619115503j:plain

 

「あかちゃんは まだ  
ぼくとあそべない」

 

 

f:id:wamama-mikata:20180619115523j:plain

 

 

 

「はやく おおきく ならないかなあ」   

 

 

 

f:id:wamama-mikata:20180619115539j:plain

 

 

 

 

いま、2才の三男が好きな本のひとつ。  
 
この「あかちゃん」の絵本をもって
弟の「あかちゃん」のところへいって
いつのまにかとなりで添い寝していました。  
 
その光景をみていたら
たとえようもないくらいの
しあわせな気持ちになって この瞬間のために、
わたしは 大変なことがあっても 
つらくてもしんどくても
がんばれるんだと思ったのです。  
 
しあわせって形にはみえにくいものだけど
必ずそこに存在しているんだと思いました。
 
そのしあわせに気づくのか気づかないのかが
しあわせの大きさなんだなっと おもった今日でした。  
 
はやく「あかちゃん」といっしょにあそべるといいね。