ワーママのミカタ

ワーママの見方と味方。

乾太くんがほしい気持ちがむくむく。

梅雨どきの洗濯ものがストレス

 

雨、雨、雨ですね。
うっとうしい雨つづきの悩みといえば、
お洗濯でしょう。
 
子沢山なうえに、洗濯がすきなので
ついつい洗濯ものは山盛りです。  
 
晴れた日にはノープロブレムなのですが、
こんな梅雨どきの季節には
洗濯が乾かないストレスたるやMAX!  
 
うちには、乾燥機付き洗濯機があります。
なので、乾燥機能をつかえば
ストレスフリーなのですが、
ここ数ヶ月、乾燥機を使うことはなくなりました。  
 
なぜならば、乾燥機の機能が低能で
余計にストレスがたまるばかり。  
 
うちの乾燥機付き洗濯機は2011年製のパナソニックのもの。
当時、最新モデルを購入しましたが、
今では、最新機種に比べたら機能もトホホな具合です。  
 
なんせ、乾燥の時間がかかるかかる。
いったいいつまで乾燥機占領してるの?
っていうくらい 乾燥時間が長いのです。  
 
買った当初は、そんなはなく
2,3時間で乾燥できたはずが、
ここ最近、乾燥機をまわすとへいきで5,6時間、
ひどいときには午前中から夕方までまわり続けます。  
 
そして、極めつけはニオイ!  
 
なんか、乾燥機特有の変なこもる
ニオイがするようになったのです。  
 
たぶん、原因を察すると
長年蓄積された 糸くずなどが、
中で化石化されていて
それがニオイとして発生している模様。  
 
そして、乾燥時間が長い原因も
この長年、蓄積された糸くず。 
 
最新モデルは、糸くずのフィルターが
改良されているようですが
2011年モデルでは、表面的な糸くずは
フィルターを掃除すればいいのですが
洗濯機の奥に入り込んだ糸くずは
フィルターをネジであけてとらないといけなくて、
素人では取り切れない構造になっているんです。  
 
なので、乾燥時間はかかるわ
ニオイはつくわ
電気代は高くつくわ
なのに、仕上がりはいまいちの出来、
で、満足度よりストレスが勝ってしまったいま、
もう乾燥機をつかうことはなくなりました。
 
 
乾燥機付洗濯機があるのにコインランドリーへ行くという矛盾

 

結果、 雨の日には、
浴室乾燥かコインランドリーへGO!
となりました。
 
浴室乾燥もつかう日もあるのですが、
これも時間がかかるうえに、
スペースに限りがあるので
出番がなくなりつつあります。  
 
で、その雨の日のコインランドリー通いが
これまたやめられなくなってしまったのです。  
 
もう、業務用の乾燥機のはやいこと、
そしてふんわりなこと、
この上もなくストレスフリー。  
 
子沢山の大量の洗濯物もものの30分もあれば
ふんわり仕上げてくれます。
 
その30分の間は、ちかくにあるスーパーで
買い物をすませるのにはちょうどよい時間で、
これまた時間を有効に使えるわけです。  
 
干さなくてもよい手間を考えると
コインランドリーってすっごい便利な存在です。  
 
で、ひるがえって、
じゃあ、うちでもあの話題のかんたくん、
いいのではないのだろうか?という考えがむくむくでてきたのです。  
 
かんたくんのいいところ抜粋
 
 
生乾き臭をカット
→80℃以上の温風で乾燥する乾太くん、外干しや日光消毒でも除去できないニオイを取り除いてくれ、生乾き臭の心配もありません!
 
清潔乾燥
→外干し不要の乾太くん、雨の日はもちろん、花粉の季節や黄砂・PM2.5などの大気汚染が気になる日のお洗濯も安心!赤ちゃんの衣類にももってこい!
 
快適な仕上がり
→ガスならではの強い温風をたっぷり送り込みながら乾燥させるので、繊維が根元から立ち上がり、快適な仕上がりに!
 
家事の時短化
→パワフル温風で短時間乾燥の乾太くん、たっぷり5kgの洗濯物も約52分で乾燥。電気式の約1/3の時間で済むので、家事の時間を大幅に短縮!1回の乾燥コストは63円、1カ月毎日使っても約1,950円と経済的!!
 
すべてわたしの欲するところです。
期待しちゃいますよ、かんたくん。  
今週、見積もりを依頼しました。