ワーママのミカタ

ワーママの見方と味方。

東京で真の自然を感じる体験。

東京うまれ東京そだちのこどもたちにも
自然を目でみて、感じて、触れてほしい
というのは夫婦共通の思いです。  
 
週末、家族で奥多摩へホタルをみにいってきました。  
 
f:id:wamama-mikata:20180711114409j:plain 
車で2時間ほどかかる
東京とは思えない片田舎の清流には、
いまなおホタルが息づいています。  
 
鳩ノ巣駅の横をながれるのどかな清流。  
 
f:id:wamama-mikata:20180711114241j:plain
 
いまか、いまかと 一番蛍の舞を待つ瞬間。
 
鳩ノ巣駅を散策しているとあたりはだんだんと薄暗く。
 
   
 f:id:wamama-mikata:20180711115756j:plain
 
 
f:id:wamama-mikata:20180711120021j:plain
 
 
なかなかあらわれない蛍。  
 
f:id:wamama-mikata:20180711120035j:plain
 
今年は来るのがおそかったかなと
思いながら諦めかけたそのとき、
 一瞬の瞬きが。  
 
そして次々と舞うホタルの光、
自然の瞬き、 幻想的な光、 儚げな一瞬。
 
こどもの目にホタルは
どんな風にうつったのかな。  
 
f:id:wamama-mikata:20180711114855j:plain
 
 
右はしのちいさな光がホタルですが、
カメラではなかなかとらえられない儚げな光。
 
このホタルの住処は 
奥多摩観光協会にきいて
2年前に一度おとずれました。  
 
鳩ノ巣駅には、町営の無料駐車場もあるので
車で行くにはちょうどよいところです。  
 
f:id:wamama-mikata:20180711115437j:plain
 
もうひとつ別の場所も案内されたのですが、
そこは、地元民のみぞ知るっという
隠れ家的ホタルの住処で 暗くなると、
鬱蒼とした森の暗闇を 
こどもたちが怖がるので
こちらの鳩ノ巣駅の方が
子連れにはおすすめです。