ワーママのミカタ

ミニマリストには憧れませんが、「スッキリ暮らす」には憧れており、丁寧な暮らしにはなかなか近づきませんが、家族にとって「居心地のよい暮らし」が理想です。