ワーママのミカタ

ワーママの見方と味方。

不得意な家事は外注にした方が気も心も楽。

好きな家事もあれば、
嫌いな家事も苦手な家事ももちろんあり。  
 
学生時代、家庭科「3」なわたし。  
お裁縫レベルは決して高くありません。
というか、苦手な部類です。  
 
もちろん、雑巾は縫えますし、
保育園のシーツも縫えます。  
ですが、上履き入れとか体操着入れになると
ハンドメイドはあきらめようとなります。  
 
自分ががんばって時間と労力をかけて
つくった結果の出来上がりが、
比例していない。
 
であれば、外注してしまった方が、
心の満足度も高いということで
こどもの学校用品は外注化してきました。  
 
外注といっても市販品を買うのではなく、
ハンドメイド系は、よくミンネを利用します。  
 
 
好きな作家さんをリピートすることが多く、
オーダーしたりもします。  
 
自己紹介に「素人がつくるものですので・・・」
なんていう一言がありますが、
家庭科「3」のわたしからみれば、
いやいや、もう達人レベルですの作品です。  
 

f:id:wamama-mikata:20180921063756j:plain

 
レッスンバックや体操着入れなどは、
ほぼこちらで買っています。
 

f:id:wamama-mikata:20180921063851j:plain


母親が夜なべしてお裁縫することが愛情?

 

いやいや、丁寧に縫われた作品に
愛がこもっているのは
もちろん間違いありません。
 

f:id:wamama-mikata:20180921064126j:plain

 
でも、ですね、たまに、
お裁縫を回避できないとき
もやってくるのです。  
 
こどもの学芸会のお衣装づくりとか、
運動会の小物づくりとか。
 
きっと、お裁縫得意な方だったら、
なんてことない作業なのかも
しれないんですが、
普段、外注化して楽をしてしまっている分
楽をできないこういうときには
自分の不器用さを悲しみながら、
それでもこどものためには
一生懸命針をチクチクするのです。
 
そうして、夜が白む頃に
ようやく完成させました。
 
それが、こどもと一緒に寝落ちしたあと、
お裁縫のために早起きした今朝のこと。
それも締切日の当日に。
こういうことは火がつかないと
やらないタイプです。