ワーママのミカタ

ワーママの見方と味方。

夏休み前にもち帰る男子の悲惨な学用品。

夏休み突入!
 
 
こどもたちの毎日のお昼ごはんというタスクが待っています。
 
きっとおそうめん、チャーハン、オムライス、冷やし中華、ざるそばの繰り返しの日々でしょう。  
 
そんな夏休み前にもちかえる
学用品の。  
 
f:id:wamama-mikata:20180720145451j:plain
 
 
小2長男 お道具箱、ピアニカ、絵の具セット、防災頭巾
小4長女 お道具箱、ピアニカ、絵の具セット、防災頭巾、彫刻刀、音楽バック、習字バック、リコーダー
 
どっさりなんです。    
 
まずは、保管前にやること、
すべてのものを整理してキレイにすること。
 
長女の方は、親の出番はないほど
きれいにつかっているんですが、
悲しいかな男子。  
 
もう、お道具箱をあけて
びっくり残念な状況。  
 
お見せするのもはばかられますが、
色鉛筆の残念な一例。
どこにいったの?消しゴムと鉛筆削り。
それに本数が足りない。
 
f:id:wamama-mikata:20180720145504j:plain
 
お道具箱には、よくわからないものが
無造作に入れられており
底にはのりのベトベトのカピカピが
くっついており・・・
男子、ああ男子、男子かな。
 
昆虫がぴょーんとでてこなかっただけ
マシかもしれません。  
 
お道具箱の中身をチェックして 
色鉛筆を削って、
短くなった色鉛筆やクレヨンを補充して
ピアニカのホースを水洗いして
絵の具セットのひとつひとつを水洗いして
少なくなった絵の具の補充をして
防災頭巾を陰干しして、
カバーは手洗いして干して
ようやく保管できます。  
 
これを夏休み突入前にやらずに
2学期始業間際にやろうと思うと
おそろしい結果になります。  
 
なぜならば、
小2長男の絵の具セットにいれてあった
雑巾がビショビショのまま
詰め込んでありました。
 
あのまま1ヶ月半、放置していたら・・・・
カビの地獄だったはず。  
嗚呼おそろしい男子の悲惨な学用品たち。